2010年06月11日

<シー・シェパード>元船長に懲役2年求刑 調査捕鯨妨害で(毎日新聞)

 艦船侵入や傷害など5罪に問われた反捕鯨団体「シー・シェパード(SS)」の抗議船「アディ・ギル号」元船長、ピーター・ベスーン被告(45)=ニュージーランド国籍=に対し、東京地検は10日、東京地裁(多和田隆史裁判長)で開かれた第4回公判で懲役2年を求刑した。弁護側は「人体に危害を加える意図はなかった」と傷害罪については無罪を主張、執行猶予付き判決を求めて結審した。判決は7月7日に言い渡される。

 ベスーン被告は日本語で最終意見陳述し「調査捕鯨は国際法が禁じる商業捕鯨に当たり、違法で残酷な行為」と持論を展開した。一方で「捕鯨する日本人を嫌っていたが、間違った考えだったと気付いた。(日本人は)思いやりがあって寛容で尊敬できる。今後は誰も傷付けたくない」と述べた。

 検察側は論告で「(被告の行為は)SSが長年続けてきた組織的な妨害活動の一環で、危険かつ悪質。化学薬品を目に浴びた乗組員は失明の恐れも感じており、厳罰を望むのは当然」と指摘。弁護側は弁論で「酪酸入りのガラス瓶は人のいない場所を狙って発射した」と主張した。【伊藤一郎】

【関連ニュース】
シー・シェパード:元船長公判 6月10日で結審へ
シー・シェパード:元船長、活動「引退」示唆 地裁公判
シー・シェパード:「代表に言われ監視船に侵入」 元船長
シー・シェパード:初公判 元船長は傷害罪を否認
クロマグロ漁:シー・シェパードも妨害へ 地中海に到着

「いちいち目くじら立てられない」 山岡氏、菅氏の小沢はずし発言に(産経新聞)
<ウアルカイシ氏>不起訴で会見「中国政府との対話求める」(毎日新聞)
搬出制限区域近くの食肉加工場、出荷ゼロ続く(読売新聞)
<ナイナイ>岡村さん公演延期 体調不良(毎日新聞)
口蹄疫拡大 感染経路は車?鳥? 防疫体制、見直し必要(産経新聞)
posted by タマオキ ヒロシ at 21:20| Comment(23) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。