2010年01月30日

<秋葉原殺傷>加藤被告、起訴内容認める 東京地裁で初公判(毎日新聞)

 東京・秋葉原で08年6月、7人が死亡、10人が負傷した無差別殺傷事件で、殺人罪などに問われた元派遣社員、加藤智大(ともひろ)被告(27)は28日、東京地裁(村山浩昭裁判長)で開かれた初公判で「起訴状については記憶がない部分もあるが、今回の事件で私が犯人であること、事件を起こしたことは間違いありません。私ができるせめてもの償いは、どうして事件を起こしたかを明らかにすることです」と起訴内容を認めた。弁護側は「完全責任能力だったことには疑いがある」と主張し、責任能力を争う姿勢を示した。

 起訴内容の認否で加藤被告は冒頭、「この場を借りておわびさせてください。亡くなられた方、けがをされた方、ご遺族、ご家族の方には大変申し訳ありません」と切り出した。

 検察側は捜査段階で精神鑑定を実施。鑑定医が事件当時の精神状態や生育歴を調べ、統合失調症のような精神疾患や人格障害はなかったとの鑑定結果を出した。地検は鑑定結果に加え、ナイフを購入して準備するなど計画性があることや、事件前後の状況説明に矛盾がないことなどから、完全責任能力があると判断して起訴した。

 一方、加藤被告は09年11月、遺族にあてた手紙で「事件の記憶がほとんどありません」と記しており、弁護側は「何らかの精神障害があった疑いがあり、完全責任能力には疑問がある」と主張。鑑定結果の証拠採用に同意せず、今後の公判で鑑定医の証人尋問が実施される。

 また、弁護側は、公判前整理手続きで、被害者や目撃者の調書の証拠採用を拒否した。このため今後、検察側証人として負傷者10人全員を含む被害者や目撃者ら36人、弁護側証人として被告の家族ら6人の計42人が出廷する。

【関連ニュース】
秋葉原無差別殺傷:責任能力が最大争点に 28日初公判
土浦通り魔殺人:金川被告死刑判決 被害者、謝罪を望む
東京・秋葉原殺傷:責任能力争点に 加藤被告、きょう初公判
東京・秋葉原殺傷:「責任能力」が争点に 公判前整理終了、9月結審見通し
2008年空から見た日本 事件・事故・災害

<陸山会土地購入>石川容疑者「小沢氏に事務処理を報告」(毎日新聞)
日教組の教研集会始まる 58年ぶり文科省から「来賓」(産経新聞)
高1男子、父親の拳銃で自殺か…岡山の駐在所(読売新聞)
精神科慢性期治療への評価引き上げを―日精協(医療介護CBニュース)
<足利事件>92年2月7日の地検聴取テープ(2)(毎日新聞)
posted by タマオキ ヒロシ at 01:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月27日

自民党大会 「敵失」生かせぬ谷垣氏 揺れる党内、抑えられず(産経新聞)

 野党転落後初の開催となった24日の自民党大会で、谷垣禎一総裁は党の「新生復活」を表明した。政権奪還に向けて、当面は夏の参院選勝利の態勢づくりに取り組む。しかし、鳩山政権が「政治とカネ」などの問題で失策続きにもかかわらず、候補者調整の難航や一部からの「新党発言」などで党内は揺れ、支持率向上のきっかけをつかめないでいる。最大の原因は谷垣執行部の指導力不足といわれており、谷垣氏自身の「新生」こそが最大の課題だ。

 「一部の人間が利益を分配し、内輪の権力闘争に明け暮れる自民党とはキッパリ決別する」

 谷垣氏が党大会の「総裁年頭演説」で「古い自民党」からの決別を表明すると、1000人余りの会場は大きな拍手に包まれた。

 しかし、参院選比例代表の候補者調整をめぐり、内規である「70歳定年制」との関連で、執行部は山崎拓元副総裁(73)、保岡興治元法相(70)、さらには片山虎之助元総務相(74)の処遇を決着できないまま党大会を迎えてしまった。

 一方、一部の国会議員からは参院選前の新党結成をちらつかせる発言が飛び出しており、党の結束さえままならない状態だ。

 23日の全国幹事長会議では、全国幹事長連絡協議会長の石田治一郎・長野県連幹事長が谷垣氏らに「70歳定年制を厳守することだ。これを実行していただかないと、自民党が変わったとの認識が国民に生まれない」と迫った。同時に「新党結成だとかつまらない動きがある。地方を預かるわれわれにとっては耐え難いことだ」とも訴えた。

 しかし、片山氏らはあくまで「特例」による比例代表の公認をあきらめていない。舛添要一前厚生労働相は24日、フジテレビ「新報道2001」で「国民から拒否された古い自民党のままでいいという人たちがマジョリティー(多数)なら、われわれが(党を)出るしかない」と、参院選前の離党の可能性に言及した。

 全国幹事長会議では「万一にも参院選で負けたら党本部もバラバラだろう」(石川県連)と党の将来を憂える発言も出た。同協議会は、執行部に「強い指導力を発揮する」ことを求める要望書を出した。

 谷垣氏は党大会で「自らを叱咤(しった)激励してがんばる」と訴えた。ただ、「お人よし」といわれてきた同氏が党内の課題を早期に解決させないと、すでに“重症”の自民党は「新生」どころか参院選前に空中分解しかねない。

 ■自民党新綱領の骨子

一、わが党は常に進歩する保守政党である

一、わが党の政策の基本的考えは次による

 ▽新憲法制定を目指す

 ▽主権は自らの努力で護(まも)る

 ▽共助・公助の仕組みを充実

 ▽自立と秩序ある市場経済を確立

 ▽地域社会と家族の絆(きずな)・温かさを再生

 ▽すべての人に公正な政策や条件づくり

 ▽財政効率化と税制改正による財政再建

一、わが党は誇りと活力ある日本像を目指す

【関連記事】
自民党「新生」のカギは谷垣総裁自身
ノムさん自民党大会で講演、自民と楽天にチクリ
民主、都議補選で敗北 参院選に不安
新報道2001 舛添氏「小沢氏は議員辞職すべき」
外国人参政権「断固反対」 石破氏が表明 自民党大会

節分「招福巻」は普通名称 イオンが逆転勝訴(産経新聞)
<ガンブラー>東京芸術劇場のサイト感染 完全復旧まで閉鎖(毎日新聞)
<HP掲載>補導少年49人の実名など誤って 愛媛県警(毎日新聞)
江戸の味でツリー下商店街を活性化(産経新聞)
「30歳未満はネットも恋愛も禁止」?? 愛知県条例案に質問や抗議(J-CASTニュース)
posted by タマオキ ヒロシ at 13:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

「海賊に指一本触れさせぬ」=商船護衛部隊の海自指揮官(時事通信)

 【ジブチ時事】日本から約1万2000キロ離れた東アフリカのジブチを拠点に、商船護衛の海賊対策に従事している海上自衛隊の派遣部隊。指揮官の中畑康樹司令(46)は17日、ジブチに寄港中の護衛艦「たかなみ」艦上で、日本の報道陣のインタビューに応じ、「護衛対象の船舶には海賊の指一本触れさせない」と述べた。
 現地は「冬」だが、気温は30度前後。夏になると50度を超える。3次部隊はこれまで22回で175隻を護衛。途中から船団に加わった船舶も含め、最大16隻を率いた。
 中畑司令は「(海賊の出没は)ソマリア沖東部や紅海などにも広がっている」と分析する。しかし、アデン湾の護衛海域では先月28日と今月1日、約半年ぶりに海賊による乗っ取り事件が2件発生しており、「12月は護衛直前、1月は護衛直後に事件が起き、非常に危ないタイミングだった」と振り返る。 

【関連ニュース】
【動画】第26回自衛隊観艦式
〔特集〕真珠湾攻撃〜ワレ奇襲ニ成功セリ〜
〔特集〕F35ライトニング戦闘機〜次期主力戦闘機の有力候補〜
【特集】陸上自衛隊装備図鑑〜新型戦車、10年度配備へ〜
〔特集〕F22、F35のフォト満載! 軍用機ミュージアム

「明美ちゃん基金」に寄付金30万円 住田美容専門学校(産経新聞)
「堂島ロール」販売会社を提訴=商標権侵害と、神戸の大手製菓−地裁(時事通信)
小沢問題で首相「問題あっても国民は民主を選んだ」(産経新聞)
殺人否認の被告、3月に公判=裁判員裁判で初−静岡地裁(時事通信)
水俣病訴訟 熊本地裁が和解勧告 不知火患者会と被告に(毎日新聞)
posted by タマオキ ヒロシ at 02:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。